4章 テンカラ釣りができる時期と場所と規則

  1. 遊漁券を購入する
  2. テンカラ釣りはいつできるのか
  3. テンカラ釣りはどこでできるのか
  4. その他の気をつけたい規則
SHIMANO TV 公式チャンネル#041 フライフィッシングでヤマメヒット!より引用
女性にも渓流釣り愛好者が増えている

1.遊漁券を購入する

渓流釣りを行うためには釣り券といわれる遊漁券を購入しなければならない。1日限り有効の日釣り券と、年間有効の年券がある。はじめのうちは全国各地いろいろな川へ釣り旅してみたくなるので日釣り券がよいと思う。ここぞと思い惚れ込んだ川があれば年券を買う方がお得になる。例えば東京奥多摩漁協は¥2000/日、¥6000/年という金額である。
釣り券は地元のコンビニや釣具屋で購入できる。関東ではよく街道わきの売店などに「遊漁券取扱所」と幟がでているので気にして道を走っていれば見つかるはずだ。

漁協の管理の及ばない源流域での釣りに釣り券は必要ないという考えがある。漁協と釣り人との間では昔からさまざまな意見が交わされている。
渓流釣りが100年先の未来にも皆が心から愉しめるものとして存在することを願えば、釣り券の存在も快く受け入れられるのではないだろうか。釣りへの恩返しのような気持ちである。

2.テンカラ釣りはいつできるのか

渓流魚を対象とした渓流釣りには禁漁期というものがある。これは生態系保護を目的としイワナ、ヤマメ等マス類の産卵期にあたる期間を禁漁期間と定め漁法を問わず一切の魚の捕獲を禁止するものである。違反すると時には条例違反として警察沙汰になる場合もある。
河川よって禁漁期間に違いはあるが概ね10月から2月(一部地域を除き)が自然渓流の禁漁期間になる。東京の多摩川水系を例に挙げると10月1日から2月末日までイワナ、ヤマメ、が禁漁期間。ニジマスも同様であるが、一部区間では期間延長し12月31日まで釣ることが可能だ。
その他、全国各地には釣り人のために解放された特別区間や管理釣り場があり、そういったところでは一年中テンカラ釣りを愉しむことが出来る。

ではテンカラ釣りの最盛期はいつなのか。テンカラは「藤の花が咲く頃」といわれるように各地方で早い遅いはあるが、概ね4月から5月の連休以降が釣りやすい時期になる。
山に藤の花が咲き川から田んぼに水が引かれる頃、動植物の動きも活発になり水生昆虫の羽化が盛んになる。それにつられて渓流魚も水面に顔を覗かせ活発に虫を追うようになる。この時が毛鉤釣りの最盛期である。
あまり雪の降らない太平洋側の暖かい地域では桜の花が咲く頃から釣果が上がる。筆者は東京周辺がホームグラウンドなので3月〜12月が自然渓流、1、2月が特別区間や管理釣り場でテンカラ釣りをしている。

3.テンカラ釣りはどこでできるのか

初心者にとって最もわからないことの一つがどこへ行けば良いのかということ。管理釣り場へ行けば入場料を支払って遊べるのはわかるのだが、自然渓流で天然物を釣りたいといった場合にはどうすれば良いのかという疑問に突き当たる。
これは釣具屋で聞くか本やネットで調べるしかない。各社から出版されている渓流釣り場ガイドなどを1冊買えば河川名はもちろんのこと入渓地点の地図やポイントが写真付きで掲載されているので参考になる。
その他にも、自分の住んでる地域をホームにしている渓流ブロガーさんを見つけて、その人が釣果を上げている川へ行けば魚がいることは保証されるので安心だ。
禁漁区や体長制限などの細かな注意事項は釣り券の裏に書かれているので一通り目を通せば大丈夫だ。上達してくれば自分だけのポイントを見つける楽しみも加わり冒険心も掻き立てられる。

4.その他の気をつけたい規則

どこの河川にも何箇所かは禁漁区が設けられているので注意する。禁漁区は魚の保護を目的としている場合と、安全面への配慮から設定されている場合もある。釣り券裏の注意書きに記載されているので一通り目を通せばわかる。禁漁区間での釣りは、たとえリリース前提であっても禁止である。

釣った魚の捕獲に際しても体長制限や尾数制限が定められている。「小さい魚は返そう。根こそぎ釣るのはやめよう。」ということである。
更にキャッチアンドリリース専用区間ではバーブレスフックの使用が規則になっていることもあるので注意したい。バーブレスフックとはカエシの無い鉤のことであり、カエシ付きのバーブドフックに比べると鉤が抜けやすく魚へ与えるダメージが少ないことから、リリース後の生存率がぐっと上がるといわれている。
たとえ通常の自由区間であってもリリース前提のゲームフィッシングを愉しむことにおいてはバーブレスフックの使用が好ましいということに異論は無い。

近年ルアーフィッシングにおいてもこの考えが広まっている。例えばミノーなどは胸に3本、お尻に3本の合計6本のカエシ鉤を搭載している。魚が暴れているうちに6本の鉤が口先だけでなく外がかりしてしまう恐れがあるのだ。魚体のいたるところに鉤が突き刺さると大きなダメージを与えてしまう。
そのためシングルバーブレスフックの使用が規則や推奨になっている管理釣り場、CR区間も増えている。


5章 テンカラ釣りの釣り方につづく

管理者 DaisukeTsuchiya  連絡先 mail@groundstore.jp 

著作権表示
Copyright © 2018 DaisukeTsuchiya/GROUNDSTORE代表

著作権について
当サイトに記載の文章、写真の著作権はDaisukeTsuchiya/GROUNDSTORE代表に帰属し、著作権法で守られております。著作権者による事前の書面による承諾なく複製、改変(変更、削除等)、翻訳、翻案、公衆送信、等の行為は著作権法により禁止されています。

免責事項
当サイトの情報掲載、運営には細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性、有用性、等を保証するものではございません。当サイトをご利用いただいたことにより生じたいかなる損害、損失、等につきまして一切の責任を負いかねます。また、当サイトの内容は事前予告なしに変更、削除する場合がございます。

※当サイト(https://whatistenkarafishing.blogspot.jp)は広告収入等の営利を目的としたサイトではございません。